カツ丼を美味しくするコツとプロの作り方【本格割下レシピ】

絶品味になる本格的なカツ丼の作り方を紹介です。かえしとカツオがきいた出汁と合わせ割下を作り、豚肉をジューシーに揚げ、半熟状態の溶き卵を合わせた美味しいカツ丼の作り方になっています。一般の肉でもお店で食べるような食感になるように調理方法を動画で詳しく解説しています。

待てるようであればかえしは1週間ほど寝かせて下さい。お店のような味にする事ができます。

肉の繊維はよく断ち切りるようにして下さい。手で触り跳ね返す弾力がなくなるまで断ち切る事がポイントです。

豚肉の厚みに合わせて揚げ時間を変えて下さい。厚みが1㎝ぐらいであれば低温で表裏2分弱、仕上げに表裏1分ずつぐらいの揚げ時間になります。揚げすぎないで余熱で火を通す事がジューシーで柔らかに仕上げる事ができます。

豚肩ロースでも作り方は同じです。

(材料)
豚ロース・200g
玉ねぎ・・1/3
全卵・・・2個

(本かえし)
砂糖・・・25g
みりん・・45㏄
濃口醤油・80㏄
たまり醤油10㏄

(本格出汁)
水・・・・540㏄
昆布・・・4g
厚切り鰹節30g
混合節・・10g(サバ・煮干し)
かつお節・5g

(簡単出汁)
水・・・・300㏄
かつおの素小さじ1
昆布の素・小さじ半分

(カツ丼の割下)4人前
出汁・・300㏄
かえし・100㏄

(衣)
全卵・・1個
水・・・15cc
米粉・・大さじ2
油・・・小さじ1

(その他)
米粉・・適量
揚げ油・適量
生パン粉適量

最新動画のお知らせが届くようになります↓
http://www.youtube.com/channel/UCxGYLQ50w4gIbOXZf5SJROg?sub_confirmation=1

#カツ丼 #豚肉料理 #一品料理マサちゃんねる

スポンサーリンク